忍者ブログ

CD(クローン病)で短腸症候群の為に中心静脈栄養療法の点滴を背負って奮闘する日々
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

05.26.08:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/26/08:48

11.25.19:28

カサカサ

最近体調悪くて食事を控えてこともあり必須脂肪酸が不足気味?
凄く皮膚がカサカサでひび割れてきました

イントラリポス(脂肪乳剤)でも打とうなぁ~でも面倒だ

今使っている中心静脈栄養療法のカテーテルには細菌フィルターが付いてる
脂肪乳剤点滴は粒が大きいので細菌フィルター通らないから別ルートで入れないといけない

フィルターの下流部で接続する方法もあるけど万が一細菌が入ると体内に埋め込んでるポートの中で細菌が繁殖し敗血症の可能性がある・・・昔、体調最悪で弱ってる時に敗血症になって余命数日と云われた(僕本人にではなく親が聞いた)経験があるので危険は極力回避したい
本当にこの時の快復劇はみんな奇跡だ!って、ベテランの医師でさえ『あの状態からの生還は初めてだよ』って未だに云われてます

で結局安全策は腕から打つ事がいいでしょうけど・・・点滴速度が速いと血管痛や静脈炎を起こすので時間が掛かる、病院で打つと半日拘束される、入院中なら諦めもつくが外来で半日は痛いなぁ

自宅で腕から打てたら1番いいんだけど・・・



体重 : 55.0kg

体脂肪 : 12.7%

食事 :  コーヒー4杯  昼にゴマの入ったチーズパン一個   

点滴 : ピーエヌツイン2号 2200ml など

下痢 : 4回

チーズパン食べたので夕方から下痢、しかし先日の通過不良的な痛み、違和感は無くなった、一時的な狭窄だったのか?このまま痛みや通過不良が無ければ食事を本格的に再開出来るかも? そうなれば脂肪乳剤の点滴打たなくても良いからアリガタイ、
Σ(・o・;) アッ 痛み無かったらエンシュアで必須脂肪酸摂るのもアリでしたね

拍手

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら